芸能人・経営者のおくやみ情報

シャルル・メシエCharles Mesier

文学者[フランス]

1817年 4月12日 死去享年88歳

シャルル・メシエ(Charles Messier 、1730年6月26日 - 1817年4月12日)は、フランスの天文学者。
星雲・星団・銀河に番号を振り、『メシエカタログ』を作ったことで有名。
生涯 ロレーヌのバドンヴィレに生まれる。
11歳で両親を亡くした。
パリのフランス海軍天文台で、1751年から天文官ジョゼフ=ニコラ・ドリルの助手として働き、航海天文台の事務員となって彗星の発見に没頭。
1758年冬から、過去の観測から出現が予報されていたハレー彗星の捜索を始め、翌1759年1月21日に発見、ドリル天文官から表彰を受ける。
しかし、それはヨハン・ゲオルク・パリッチュによる発見(1758年12月25日)の1ヵ月後だった。
マスコミが未発達のこの時代、1ヶ月遅れの独立発見は仕方がないことではあるが、パリッチュがヨーロッパ中に一躍名を知られるのと対照的に、この発見によっていわれのない誹謗中傷を受けたことからその名を知られることとなる。

「シャルル・メシエ」と関連する人物(故人)