芸能人・経営者のおくやみ情報

木見金治郎 氏(きみきんじろう)

将棋棋士[日本]

1951年 1月7日 死去享年74歳

木見金治郎 - ウィキペディアより引用

木見 金治郎(きみ きんじろう、1878年6月24日 - 1951年1月7日)は、将棋棋士。
九段。
関根金次郎十三世名人門下。
岡山県児島郡木見村(現・倉敷市)出身。
古鉄商の子として生まれる。
二十歳頃までは実家にいて、真剣師をしていたらしい。
後の十三世名人関根金次郎に一ひねりされ、将棋の勉強を始める。
1914年、家業を捨て東京に出て、関根金次郎門下に入門。
プロ棋士となる。
第一次世界大戦後に古鉄の相場が再び上昇したため、大阪に戻り古鉄商を再開する。
しかし将棋と力仕事の両立が難しい事から、古鉄商をやめて棋士の道を歩む。
大阪では大阪朝日新聞嘱託の阪田三吉に対抗し、大阪毎日新聞嘱託のスター棋士となる。
受け将棋で関西棋界の大御所として人望を集めた。
1924年に八段昇段。
1937年、上京し八段の全棋士(9名)が参加する名人戦リーグに参加したが、高齢のために惨敗。
戦後、順位戦が再開されるが、高齢と戦災に拠り参戦しなかった。
1951年に亡くなる。
日本将棋連盟関西本部の立ち上げに大変な尽力をした事から、関西会館で初めての「日本将棋連盟葬」が営まれる。

  • 題名
    西洋将棋の遊び方
    著者
    木見金治郎,阿部恒郎
    発売元
    文化生活研究会
    ページ数
    発売日
    1926
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    西洋将棋の遊び方
    著者
    木見金治郎,阿部恒郎
    発売元
    文化生活研究会
    ページ数
    発売日
    1926-01-01
    新品価格
    中古商品
    ¥ 49,808 より

「木見金治郎」と関連する人物(故人)