芸能人・経営者のおくやみ情報

レイモンド・チャンドラー 氏Raymond Thornton Chandler

作家脚本家[アメリカ]

1959年 3月26日 死去享年72歳

レイモンド・ソーントン・チャンドラー(Raymond Thornton Chandler, 1888年7月23日 - 1959年3月26日)は、アメリカ合衆国シカゴ生まれの、小説家で脚本家。
1932年、44歳のとき大恐慌の影響で石油会社での職を失い、推理小説を書き始めた。
最初の短編「脅迫者は撃たない」は1933年「ブラック・マスク」という有名なパルプ・マガジンに掲載された。
処女長編は1939年の『大いなる眠り』である。
長編小説は7作品だけで(8作目は後にロバート・B・パーカーが完結させた)、他は中、短編であるが、チャンドラーの長編はほとんど先に書いた中篇が元になっている。
『プレイバック』以外の長編はいずれも映画化されている。
死の直前にアメリカ探偵作家クラブ会長に選ばれた。
1959年3月26日、カリフォルニア州ラホヤで死去。
チャンドラーの文体はアメリカ大衆文学に大きな影響を及ぼし、ダシール・ハメットやジェームズ・M・ケインといった他の「ブラック・マスク」誌の作家と共にハードボイルド探偵小説を生み出したとされている。

米国の推理小説家・脚本家。1888年、イリノイ州シカゴに生まれる。両親の離婚により母と共に渡英し、ロンドン郊外に移り住む。フランス、ドイツに遊学後、1907年に帰国してイギリス国籍を取得し、ジャーナリストとなる。12年、アメリカへ戻り南カリフォルニアに住む。第1次世界大戦中は軍隊に服役し、戦後は石油会社に勤める。24年に絵画モデルのシシー・パスカルと結婚。その後、小説家になることを決意し、パルプ・マガジン(大衆小説雑誌)「ブラック・マスク」や「ダイム・ディテクティブ」に小説を発表する。デビュー作は33年にブラック・マスク誌に掲載された『脅迫者は射たない』。 39年、私立探偵フィリップ・マーロウを主人公とする処女長編『大いなる眠り(原題TheBigSleep)』を発表し、人気を博す。以後、40年に『さらば愛しき女よ(原題Farewell,MyLovely)』、42年に『高い窓(原題TheHighWindow)』、53年に『長いお別れ(原題TheLongGoodbye)』など、マーロウシリーズの長編を発表し、ダシール・ハメットらと並ぶハードボイルドの代表的作家の地位を築き、マーロウはハードボイルド探偵の代名詞と評されるようになった。 チャンドラーは、49年に発表した『かわいい女(原題TheLittleSister)』、58年の『プレイバック(原題Playback)』を含め、生涯に7作の長編と24作の中短編を残し、中でも『さらば愛しき女よ』と『長いお別れ』は傑作とされている。長編は何度も映画化されており、ディック・パウエル、ロバート・ミッチャム、ハンフリー・ボガートら名優がマーロウを演じている。 40年代には自らハリウッド映画の脚本化として創作を始め、43年にビリー・ワイルダー監督 …… (引用元 コトバンク)