芸能人・経営者のおくやみ情報

高橋節郎 氏(たかはしせつろう)

漆芸家[日本]

2007年 4月19日 死去肺炎享年94歳

たかはしせつろう [生]1914.9.14.長野,穂高[没]2007.4.19.東京漆芸家。1940年東京美術学校研究科卒業。1941年文部省美術展覧会(新文展)特選,以後同展に出品を続ける。1951年日本美術展覧会(日展)で特選。1960年『蜃気楼』で文部大臣賞受賞。1965年『化石譜』で芸術院賞受賞。1976~82年東京芸術大学教授。1981年芸術院会員。刀で描いた文様の線上に金箔や金粉を埋め込む鎗金(沈金)技法に,彩漆(いろうるし),螺鈿,蒔絵などを加味し,黒漆地のなかに花鳥風月のほか化石や星座,古墳などを幻想的に浮かび上がらせる作風で知られる。『二曲屏風星座創記』(1975),『二曲屏風古墳群映』(1977)などの代表作のほか,作品集『漆・黒と金の世界』がある。1990年文化功労者に選ばれ,1997年文化勲章を受章。2003年長野県安曇野市に安曇野高橋節郎記念美術館が開館。 (引用元 コトバンク)