芸能人・経営者のおくやみ情報

徳田球一 氏(とくだきゅういち)

政治家[日本]

1953年 10月14日 死去享年60歳

徳田球一 - ウィキペディアより引用

徳田 球一(とくだ きゅういち、1894年(明治27年)9月12日 - 1953年(昭和28年)10月14日)は、日本の政治運動家、革命家、弁護士、政治家。
衆議院議員(3期)、戦前の非合法政党時代より戦後初期に至るまでの日本共産党の代表的活動家で、戦後初代の書記長を務めた。
徳球の愛称で知られる。
沖縄県名護市出身。
家業は印刷屋。
「球一」の名は「琉球一の人物」になることを願って付けられた。
旧制沖縄県立第一中学校(現沖縄県立首里高等学校)卒後、旧制第七高等学校に入学するも、教官の琉球出身者に対する差別に反発して退学、苦学して日本大学の夜間部を卒業、弁護士になった。
1920年(大正9年)、日本社会主義同盟に参加。
1921年(大正10年)にソ連を訪問。
1922年(大正11年)、非合法の日本共産党(第一次共産党)結成に参加。
中央委員に選出される。
1925年(大正14年)、1927年(昭和2年)にもソ連に渡った。
1928年(昭和3年)の第1回普通選挙に労働農民党から出馬(福岡第3区)したが落選、直後の2月26日に治安維持法違反で門司駅で逮捕された。

とくだきゅういち [生]1894.9.12.沖縄,名護[没]1953.10.14.北京社会運動家,日本共産党書記長。第七高等学校を中退後,1920年弁護士となり,日本社会主義同盟に加盟。22年には,モスクワでの極東勤労者大会に出席,帰国後山川均,堺利彦らとともに日本共産党を結成し中央委員となった。23年の第1次共産党事件で検挙されたが,24年出獄,同年の組織方針をめぐる党内闘争では解党派を支持した。26年コミンテルンの指令のもとに党の再建を指導したが,28年3月15日の共産党大弾圧事件で検挙され,以後,第2次世界大戦終了による釈放まで,18年間にわたり獄中にあった。45年10月出獄,ただちに共産党を再建し書記長に就任。その後,代議士になるなど活躍したが,50年マッカーサー指令により追放され,53年北京で客死した。著書『獄中18年』(1947),『わが思い出』(55)。 (引用元 コトバンク)