芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャック・パランス 氏Jack Palance

俳優[アメリカ]

2006年 11月10日 死去老衰享年88歳

ジャック・パランス - ウィキペディアより引用

ジャック・パランス(Jack Palance, 1919年2月18日 - 2006年11月10日)は、アメリカ合衆国の俳優。
本名はVolodymyr Palahniuk、ペンシルベニア州出身で両親はウクライナからの移民。
生涯 1940年代はプロのボクサーであった。
第二次世界大戦中はB-24のパイロットとして従軍、火災で怪我を負って顔に整形手術を受けている。
大戦後にスタンフォード大学で演劇を学んだ。
1950年に映画デビューし、1952年の『突然の恐怖』と、翌年の『シェーン』でアカデミー助演男優賞にノミネートされる。
その強烈なアクの強い個性は、たちまちハリウッドを席巻し、世界中からも注目の的となっていく。
その背景には、戦災によって顔を整形したという影響が少なからず関係しているといえ、奇しくもコンプレックスとなるはずが、怪我の功名に転じた。
1950年代後半は、異色戦争アクション『攻撃』に主演。
売出し中のアンソニー・パーキンスと共演した『ロンリー・マン』もヒット作となる。
以降は、残忍な悪役ばかりではなく、精悍な指揮官役やクセのあるヒーローなど、他の俳優が演じられないような難しい役柄をこなしていく。

  • 題名
    Sangue di Sbirro
    歌手
    発売元
    Rambling Records
    発売日
    2010年4月15日
    新品価格
    より
    中古商品
    より