芸能人・経営者のおくやみ情報

ロナルド・ノックス 氏Ronald Arbuthnott Knox

神学者、推理小説作家[イギリス]

1957年 8月24日 死去享年70歳

ロナルド・ノックス(Ronald Arbuthnott Knox、1888年2月17日 - 1957年8月24日)は、イギリスの聖職者・神学者で推理作家。
兄は『パンチ』編集長を務めたE・V・ノックス。
聖職者ノックス 1888年にイングランド国教会マンチェスター主教の家に生まれる。
オックスフォード大学に進み、在学中は生徒会長となる。
卒業後、数年間同大学のトリニティ・カレッジで研究を続け、さらに国教会のチャプレン(大学などに派遣される聖職者)として5年間同大学に留まった。
1917年にG・K・チェスタートンの影響でカトリックに改宗し、司祭を経て司教に就任した。
退職時の位階は大司教で、カトリックでは英国第2位の高位聖職者となっていた。
退職後は標準的なラテン語聖書『ウルガタ聖書』の改訳に乗り出し、『ノックス聖書』と呼ばれて刊行された。
チェスタートンの葬儀をウェストミンスター大聖堂で執り行ったことでも知られる。
推理小説家ノックス 推理小説の著作は少ないが、ユーモアと風刺が効いた、人をくった作品が多い。