芸能人・経営者のおくやみ情報

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトPhilipp Franz Balthasar von Siebold

医師博物学者[ドイツ]

(来日し鳴滝塾で蘭学を教える)

1866年 10月18日 死去享年71歳

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト - ウィキペディアより引用

フィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold, 1796年2月17日 - 1866年10月18日)は、ドイツの医師・博物学者。
高地ドイツ語のうち上部ドイツ語に属する上部フランケン語(東フランケン語)の発音に近づけると、表記はズィーボルトとなる。
本人は現在のドイツ中南部にあるフランケン地方の東部出身であったため、自らの名を「ズィーボルト」と発音していた。
生涯 誕生 神聖ローマ帝国の司教領ヴュルツブルク(現バイエルン州北西部)に生まれる。
シーボルト家は祖父、父ともヴュルツブルク大学の医師であり、医学界の名門だった。
父はヴュルツブルク大学医学部産婦人科教授ヨハン・ゲオルク・クリストフ・フォン・シーボルト、母はマリア・アポロニア・ヨゼファ。
シーボルトという姓の前にフォン(von)が添えられているが、これは貴族階級を意味し、シーボルト家はフィリップが20歳になった1816年にバイエルン王国の貴族階級に登録された。

Philipp Franz Balthasar von Siebold 1796年2月17日〜1866年10月18日 ドイツ人医師で日本の長崎で商館の医師として活躍した。また、私塾の鳴滝塾もつくった。 →シーボルト (引用元 Hatena Keyword)