芸能人・経営者のおくやみ情報

桜内義雄 氏(さくらうちよしお)

政治家[日本]

2003年 7月5日 死去呼吸不全享年92歳

桜内義雄 - ウィキペディアより引用

櫻内 義雄(さくらうち よしお、1912年(明治45年)5月8日 - 2003年(平成15年)7月5日)は、日本の政治家。
衆議院議員(18期)、衆議院議長(第67代)、通産大臣、農林大臣、建設大臣、国土庁長官、自民党政調会長、外務大臣、自由民主党幹事長などを歴任。
元日蓮宗全国檀信徒協議会会長。
従二位勲一等。
父は商工相、農相、蔵相などを歴任した櫻内幸雄。
兄は元中国電力会長櫻内乾雄。
  来歴・人物 東京に生まれた。
幼稚舎から慶應義塾に学び、慶應義塾大学経済学部卒業、鐘紡に入社。
1938年応召、翌年除隊。
蔵相の父・幸雄の私設秘書となり、同時に日本電化を経営。
1947年、旧東京1区から第23回衆議院議員総選挙に初当選(当選同期に田中角栄・鈴木善幸・増田甲子七・中山マサ・松野頼三・倉石忠雄・荒木万寿夫・石田博英・原田憲・園田直・根本龍太郎・佐々木秀世・中村寅太など)。
1949年1月第24回衆議院議員総選挙で落選。
その後、第2回参議院議員通常選挙で一人区・島根県選挙区で当選も結果的には当選無効、父・幸雄のあとを継いで旧島根全県区から衆議院議員選挙に出馬し、連続当選17回。

政治家 1912年5月8日生。 父親も政治家であった。1947年の衆院選で旧東京1区から初当選。参院議員を経て、1952年からは島根全県区から出馬*1し、通算18期務めた。 外務大臣や自民党幹事長、衆院議長など数々の要職に就き、2000年に引退。2003年7月5日に91才で永眠した。 *1:ウィキペディアによれば、父親の地盤は島根県だった (引用元 Hatena Keyword)