芸能人・経営者のおくやみ情報

マラン・メルセンヌMarin Mersenne

神学者、科学者[フランス]

1648年 9月1日 死去享年61歳

マラン・メルセンヌ - ウィキペディアより引用

マラン・メルセンヌ(Marin Mersenne, 1588年9月8日 - 1648年9月1日)は、フランスの神学者。
数学、物理学に加え哲学、音楽理論の研究もしていた。
メーヌ州(現在はサルト県)オアゼ出身。
メルセンヌ数(メルセンヌ素数)の名の由来ともなる。
また音響学の父とも呼ばれる。
ヨーロッパの学者の間の交流の中心となって学問の発展に貢献したことで知られる。
生涯 1588年9月8日に出生し、即日カトリックの洗礼を受けた。
幼少より勉学の才を表し、メルセンヌの両親は財政的な困窮にもかかわらず彼に教育を受けさせ、最初にル・マン校で文法を専攻し、16歳の頃、ラ・フレーシュにある王立学院に入った。
そこは親の経済状況を問わず才能ある若者を育成るため新設されたイエズス会士の教育機関であった。
メルセンヌより8歳年下のデカルトも後に彼らが終生の友情を結ぶことは知らずに2年後輩として入学している。
その後パリ大学で神学を学び、1614年から1618年の間はヌヴェールで哲学と神学を教えた。
1620年にパリに戻り、以降イタリアやオランダへの旅行以外は、終生パリの僧院に住み続け神学と哲学を教えるかたわら、自身の学問の研究を続けた。

「マラン・メルセンヌ」と関連する人物(故人)