芸能人・経営者のおくやみ情報

奥平康弘 氏(おくだいらやすひろ)

法学者[日本]

2015年 1月26日 死去急性心筋梗塞享年87歳

奥平 康弘(おくだいら やすひろ、1929年5月19日 - 2015年1月26日)は、日本の法学者(憲法)。
エッセイスト。
東京大学名誉教授。
専攻は、表現の自由、及びアメリカ合衆国憲法。
北海道函館市生まれ。
鵜飼信成と宮澤俊義の弟子。
法学界・法曹界に止まらず、広く影響力を有する法学者だった。
九条の会の呼びかけ人の一人で、エッセイも多数執筆。
日本ビデオ倫理協会評議員、自由人権協会評議員も務めた。
「学者」という呼称を敬遠し、大学を離れて以降、「憲法研究者」という肩書きを名乗ることが多かった。
2007年の奈良県医師宅放火殺人の供述調書漏洩事件をうけて講談社が設置した第三者委員会の『僕はパパを殺すことに決めた』調査委員会の委員長を務めた。
2015年1月26日、急性心筋梗塞のため東京都内の自宅で死去した。
85歳没。
学歴 函館中学卒業 1950年 - 弘前高等学校 (旧制)(現弘前大学人文学部)卒業 1953年 - 東京大学法学部法律学科卒業 1962年 - ペンシルベニア大学ロースクール修了、比較法学修士 職歴 1953年 - 東京大学社会科学研究所助手 1957年 - 専修大学法学部講師( - 1959年) 1961年 - 名古屋大学法学部助教授 1966年 - 東京大学社会科学研究所助教授 1970年 - オーストラリア国立大学国際関係部門客員研究員 1973年 - 東京大学社会科学研究所教授(1986年 - 1988年 所長) 1980年 - コロンビア大学ロースクール客員教授 1990年 - 国際基督教大学教授( - 1997年) 1999年 - 神奈川大学短期大学部特任教授( - 2002年) 2006年 - 立命館大学客員教授( - 2007年) 親族 妻:1930年生まれ。

おくだいら-やすひろ 1929-2015昭和後期-平成時代の憲法学者。昭和4年5月19日生まれ。昭和48年東大社会科学研究所教授,61年所長。平成2年国際基督教大教授。16年「九条の会」呼びかけ人に加わる。基本的人権,とくに表現の自由を歴史的,理論的に追究し,憲法擁護の論陣をはった。平成27年1月26日死去。85歳。北海道出身。東大卒。著作に「表現の自由とはなにか」「知る権利」「いかそう日本国憲法」「憲法を生きる」など。 (引用元 コトバンク)