芸能人・経営者のおくやみ情報

アーサー・ケストラー 氏Arthur Koestler

作家ジャーナリスト[ハンガリー→イギリス]

1983年 3月3日 死去享年79歳

アーサー・ケストラー(Arthur Koestler、ブダペスト1905年9月5日 - ロンドン1983年3月3日)は、ユダヤ人のジャーナリスト、小説家、政治活動家、哲学者。
ハンガリー出身のユダヤ人でありながら、著書『第13支族』で、アシュケナジムユダヤ人のルーツはユダヤ教に改宗したハザール人であると主張した。
またソ連の現状など当時タブーとされていたことを積極的に書いた。
後にイギリスに帰化している。
生涯 誕生からパレスチナ入植まで ユダヤ系ハンガリー人の父とオーストリア人の母に生まれる。
出生時の名前は Kösztler Artúr(ケストレル・アルトゥール)。
ドイツ語圏出身の母親がハンガリー語の習得を拒否したり、第一次世界大戦期にウィーンに一家で移住したなどの事情もあり、ケストラーは『真昼の暗黒』(1940)[3]前後までドイツ語によって著述を行った。
以後、著作は英語によって行われることになるが、ケストラー自身はヨーロッパ大陸的な多言語使用者だった。

1905‐1983年。ハンガリー出身のジャーナリスト、科学哲学者。ホロンの提唱者として知られる。 ブダペストに生まれ、第一次大戦中移住先のウィーン大学で自然科学を学ぶ。ベルリンで科学編集の仕事に携わったのち、新聞報道員としてスペイン市民戦争に従軍、フランコ軍により、逮捕・投獄される。 1940年以降は亡命先のイギリスに居を定め、体験にもとづく著作のほか科学史・科学論の領域に幅広い活動を展開したが、1983年自ら命を絶った。 著作に「機械の中の幽霊」、「ホロン革命」など。 (引用元 Hatena Keyword)