芸能人・経営者のおくやみ情報

白井喬二 氏(しらいきょうじ)

作家[日本]

1980年 11月9日 死去老衰享年92歳

しらいきょうじ [生]1889.9.1.横浜[没]1980.11.9.茨城,龍ケ崎小説家。本名,井上義道。1913年日本大学政経科卒業。『忍術己来也(じらいや)』(1922~23),『神変呉越草紙』(22~24)の2つの長編忍法小説が芥川龍之介,菊池寛らの激賞を受け,『新小説』に執筆の機会を得て作家としての地位を固めた。代表作『富士に立つ影』(24~27)は中里介山の『大菩薩峠』と並ぶ大衆文学の代表的時代長編。ほかに『新撰組』(24~25),『盤嶽の一生』(32)など。 (引用元 コトバンク)