芸能人・経営者のおくやみ情報

ホルスト・シュタイン 氏Horst Walter Stein

指揮者[ドイツ]

2008年 7月27日 死去享年81歳

ホルスト・シュタイン - ウィキペディアより引用

ホルスト・シュタイン(Horst Stein, 1928年5月2日 - 2008年7月27日)は、ドイツの指揮者。
バンベルク交響楽団終身名誉指揮者。
ラインラント地方の都市エルバーフェルト(現在はヴッパータール市の一部)生まれ。
親は機械工。
同郷の指揮者に、ハンス・クナッパーツブッシュ、ギュンター・ヴァントがいる。
フランクフルト音楽大学やケルン音楽大学でヴァイオリン・ピアノ・作曲・指揮などを学ぶ。
1949年、ヴッパータール市立劇場合唱指揮者。
1951年、ハンブルク国立歌劇場指揮者。
その後ベルリン国立歌劇場を経て1963年にマンハイム国立劇場音楽監督。
1952年 - 1955年、バイロイト音楽祭で、クナッパーツブッシュ、ヨーゼフ・カイルベルト、ヘルベルト・フォン・カラヤンらの助手を務める。
1962年、バイロイト音楽祭でワーグナーの「パルジファル」を指揮。
1970年、バイロイト音楽祭でワーグナーの「ニーベルングの指環」全曲を指揮。
ワーグナー指揮者としての名声を高めた。
1970年、ウィーン国立歌劇場第一指揮者。
1972年、ハンブルク国立歌劇場音楽総監督。

指揮者 Horst Stein 1928年、ドイツに生まれる。 1950年代から1970年代にかけて、バイロイト音楽祭やウィーン国立歌劇場などで、第一級のオペラ指揮者として活躍。 その後はオペラを離れた活動が主となり、スイス・ロマンド管弦楽団やバンベルク交響楽団のシェフとしての演奏活動のかたわら、ウィーン・フィルやベルリン・フィルなども振った。 日本では、NHK交響楽団をたびたび指揮している。 (引用元 Hatena Keyword)