芸能人・経営者のおくやみ情報

ヴィルヘルム・オストヴァルトFriedrich Wilhelm Ostwald

化学者[ドイツ]

(ノーベル化学賞受賞)

1932年 4月4日 死去享年80歳

ヴィルヘルム・オストヴァルト - ウィキペディアより引用

フリードリヒ・ヴィルヘルム・オストヴァルト(Friedrich Wilhelm Ostwald、ラトビア語: Vilhelms Ostvalds、1853年9月2日 – 1932年4月4日)はドイツ(バルト・ドイツ人)の化学者。
オストワルトあるいはオストワルドとも呼ばれる。
1909年、触媒作用・化学平衡・反応速度に関する業績が認められ、ノーベル化学賞を受賞した。
ヤコブス・ヘンリクス・ファント・ホッフやスヴァンテ・アレニウスと共に物理化学という分野を確立した1人とされている。
生涯 1853年、ロシア領のリガ(現在はラトビア領)で桶屋の主人の息子として生を受ける。
民族としてはバルト・ドイツ人。
3人兄弟の2人目だった。
1875年にエストニアのタルトゥ大学を卒業した後、カール・シュミットに師事し、1878年にPh.D.を取得。
1875年から1887年まではタルトゥ大学、1881年から1887年まではリガ工科大学で教鞭をふるった。
1880年4月24日に結婚し、5人の子をもうけた。
長男のヴォルフガング・オストヴァルト(1883年-1943年)はコロイドの研究を行った。