芸能人・経営者のおくやみ情報

別当薫 氏(べっとうかおる)

プロ野球選手[日本]

1999年 4月16日 死去心不全享年80歳

別当薫 - ウィキペディアより引用

別当 薫(べっとう かおる、1920年8月23日 - 1999年4月16日)は、兵庫県西宮市出身のプロ野球選手(外野手)・コーチ・監督、解説者。
現役時代は大阪・毎日で活躍し、引退後は毎日・大毎、近鉄、大洋、広島のコーチ・監督、横浜大洋の球団代表を務めた。
プロ入り前 実家は材木商。
旧制甲陽中学校時代はエースで4番。
1937年 - 1938年春、1938年夏と甲子園に出場。
卒業後は旧制新潟大学を志望していたが、叶わずに旧制慶應義塾大学へ進学。
東京六大学リーグ通算35試合出場、133打数47安打、打率.353、1本塁打。
1942年の春季リーグで当時史上最高打率の5割を打ち、首位打者に輝いた。
1943年10月16日に行われた出陣学徒壮行早慶戦(最後の早慶戦と呼ばれる試合)では慶大の4番・中堅手として出場。
1946年春、再開した東京六大学の戦後初優勝に主将として貢献。
同年秋に慶大を繰り上げ卒業後、一旦は家業を継ぐが、1947年にノンプロチーム「全大阪」として出場した都市対抗で優勝を逃したことからプロ転向を決意。

プロ野球選手・監督。通称「球界の貴公子」。 右投右打、ポジションは外野手。背番号は25番。 1920年8月23日生まれ。兵庫県出身。大阪府生まれ。 甲陽中で1937年春、1938年春夏連続で甲子園出場。慶應義塾大では首位打者を獲得。 全大阪で活躍。都市対抗野球に出場。ベスト4に輝く。 1948年、大阪タイガースに入団。藤村富美男らと共に、強打者としてダイナマイト打線を支えた。 1950年、若林忠志、呉昌征、本堂保次?らと共に毎日オリオンズに移籍。同年、トリプルスリーを達成。 1952年、「平和台事件」で湯浅禎夫総監督・若林忠志監督が更迭されたのを受け監督代行となる。 1954年、選手兼任監督に就任。 1957年、現役引退。監督に専任。山内一弘、榎本喜八らを育て、ミサイル打線の基礎を固めた。 1960年、監督を辞任。渡米して大リーグを半年間視察する。 1962年、近鉄バファローズの初代監督に就任。根本陸夫の下、土井正博を育てた。 1967年、大洋ホエールズの監督に就任。田代富雄を育てた。 1973年、根本陸夫の後を受け広島東洋カープの監督に就任。同年、退団。 1977年、秋山登の後を受け、大洋ホエールズ監督に復帰。横浜大洋ホエールズでも監督を続ける。  1979年、退団。 1980年、ホエールズの球団代表・常務取締役となる。また、スカウト技術部門担当役員としても活躍。 1970年代に出演したHOYAメガネ・バリラックスIIのCMが今でも語り継がれるなど、プロ野球選手とは思えない知的な印象から「貴公子」呼ばれた。 1988年、野球殿堂入り。 1999年4月16日、心不全のために逝去。 同年12月、三重県尾鷲市に …… (引用元 Hatena Keyword)