芸能人・経営者のおくやみ情報

ミハイル・ボトヴィニク 氏Mikhail Moiseyevich Botvinnik

チェス棋士[ロシア]

1995年 5月5日 死去享年85歳

ミハイル・ボトヴィニク - ウィキペディアより引用

ミハイル・モイセエビッチ・ボトヴィニク(Михаил Моисеевич Ботвинник、Mikhail Moiseyevich Botvinnik、1911年8月17日 - 1995年5月5日)は、ソビエト連邦のチェスの選手。
チェスの世界チャンピオン(1948年 - 1957年、1958年 - 1960年、1961年 - 1963年)である。
工学者でもあった。
生涯 フィンランドのクオッカラ(ボトヴィニクの誕生時及び2015年現在はロシア領)生まれ。
12歳の時にチェスを覚え、20歳の時にソ連チャンピオンとなった。
その一方で工学の分野でも21歳で電気工学設計士、26歳で工学博士となった。
1948年、マックス・エーワ、サミュエル・ハーマン・レシェフスキー、パウリ・ケレス、ワシリー・スミスロフを加えた5人で、FIDE自身が初めて開催した公式世界チャンピオンの決定大会が行われ、ボトヴィニクはこれに優勝しチャンピオンとなった。

「ミハイル・ボトヴィニク」と関連する人物(故人)