芸能人・経営者のおくやみ情報

上野瞭 氏(うえのりょう)

児童文学作家[日本]

2002年 1月27日 死去胆管がん享年75歳

上野 瞭(うえの りょう、1928年8月16日 - 2002年1月27日)は、日本の児童文学作家。
息子の上野宏介はイラストレーター。
来歴・人物 京都府生まれ。
立命館大学専門部を経て、同志社大学文学部卒業。
1983年の『ひげよ、さらば』は、チャールズ・ブロンソンの『さらば友よ』から着想した、猫を登場人物にしたハードボイルド仕立ての作品で、刊行と同時に話題を呼び、日本児童文学者協会賞を受賞、NHKで『ひげよさらば』として人形劇化された。
同志社女子大学教授も長らく務めた。
一般小説も手掛け、『砂の上のロビンソン』は映画・舞台・TVドラマ化され、『アリスの穴の中で』は第3回山本周五郎賞の最終候補作に残るなど、この分野でも高い評価を受けた。
2002年1月27日、胆管癌のため死去。
享年73。
著作 児童文学 ゲリラ隊の兄弟 (金の星社 1959年) 空は深くて暗かった (三一書房(高校生新書) 1965年) ちょんまげ手まり歌 (理論社 1968年 のちフォア文庫 解説:新村徹) 目こぼし歌こぼし (あかね書房 1974年 のち講談社文庫 解説:鶴見俊輔) 日本宝島 (理論社 1976年) もしもしこちらライオン (理論社 1978年) もしもし、こちらオオカミ (小学館 1980年 のち小学館てんとう虫ブックス 解説:灰谷健次郎) ひげよ、さらば (理論社 1982年 のち新潮文庫 解説:鶴見俊輔) さらば、おやじどの (理論社 1985年 のち新潮文庫 解説:河合隼雄 復刻版 解説:酒寄進一) そいつの名前は、はっぱっぱ (理論社 1985年) そいつの名前はエイリアン (あかね書房 1994年) グフグフグフフ (あかね書房 1995年) もしもし、こちらメガネ病院 (理論社 1995年) 一般小説 砂の上のロビンソン (新潮社 1987年 のち文庫) アリスの穴の中で (新潮社 1989年) 三軒目のドラキュラ (新潮社 1993年) 評論・エッ ……

うえの-りょう 1928-2002昭和後期-平成時代の児童文学者。昭和3年8月16日生まれ。42年評論「戦後児童文学論」が注目される。49年から平成6年まで同志社女子大教授。評論活動にくわえ,時代童話「ちょんまげ手まり歌」,長編ファンタジー「ひげよ,さらば」など,あたらしい児童文学を模索する作品を多数執筆。平成14年1月27日死去。73歳。京都出身。同志社大卒。本名は瞭(あきら)。 (引用元 コトバンク)