芸能人・経営者のおくやみ情報

尾崎士郎 氏(おざきしろう)

作家[日本]

1964年 2月19日 死去直腸がん享年67歳

尾崎 士郎(おざき しろう、1898年(明治31年)2月5日 - 1964年(昭和39年)2月19日)は、日本の小説家。
愛知県幡豆郡横須賀村(現西尾市)生まれ。
早稲田大学政治科を中退し、大逆事件真相解明の目的で売文社に拠る。
同社を本拠に活動していた高畠素之を追って国家社会主義に身を投じる。
1921年(大正10年)に時事新報の懸賞小説で、大逆事件を取材した『獄中より』が第二席で入選し、以後本格的に小説家として身を立てる様になる。
1933年(昭和8年)から都新聞に『人生劇場』を連載し、文芸懇話会賞を受賞。
これが大ベストセラーとなって以後20年以上も執筆し続ける大長編となる。
その一方で戦前に雑誌『文芸日本』、戦後に『風報』を主宰した。
早くに右傾し、軍国主義鼓吹の小説や著作を多く書いたため、戦後公職追放となるが、以後は文壇から距離を置き、実業家などとのつきあいが多かった。
川端康成とは関東大震災の翌年1923年(大正12年)に出会って以来からの変わらぬ親友であった。
また『石田三成』『真田幸村』『篝火』などの歴史小説も書いたほか、相撲にも詳しく、長編小説『雷電』など相撲関係の著作もあり、横綱審議委員を務めた。

(1898-1964) 小説家。愛知県生まれ。早大中退。長編「人生劇場」で一躍文名が上がる。政治志向が強く社会的事件に取材した「天皇機関説」「大逆事件」などがある。 三省堂提供「大辞林 第二版」より (引用元 Hatena Keyword)