芸能人・経営者のおくやみ情報

オズボーン・レイノルズOsborne Reynolds

物理学者[イギリス]

1912年 2月21日 死去享年71歳

オズボーン・レイノルズ - ウィキペディアより引用

オズボーン・レイノルズ(Osborne Reynolds、1842年8月23日 - 1912年2月21日)は、流体力学を理解する上で重要な貢献をした。
さらには、固体と流体間での熱伝導に関する研究ではボイラーとコンデンサー設計において改善をもたらしている。
生涯 オズボーン・レイノルズはアイルランドのベルファストで生まれ、イングランド東部のエセックスにあるデダム(Dedham)という村に出生直後に両親と共に移り住んだ。
彼の父は学校長と牧師を兼務し、数学に造詣の深い有能な数学者でもあった。
彼の父は、農機具の改良についての沢山の特許を取得し、息子である彼は少年ながら父のチーフティーチャーとなりながらも父を信頼していた。
オズボーン・レイノルズはケンブリッジにあるクィーンズカレッジ(Queens' College)に入学し、数学において第7レイングラー(7番目の成績)で1867年に卒業している。
1868年に彼はマンチェスターにあるオーウェン大学(現在のマンチェスター大学)の工学教授に指名され、その年にイギリス大学史上初の工学教授のひとりとなり、工学教授の称号を得ることとなった。