芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョルジュ・キュヴィエGeorges Cuvier

博物学者[フランス]

1832年 5月13日 死去享年64歳

ジョルジュ・キュヴィエ - ウィキペディアより引用

ジョルジュ・キュヴィエ(バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ、Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier、1769年8月23日 - 1832年5月13日)は、フランスの博物学者である。
比較解剖学の大立て者であり、古生物学にも大きな足跡を残した。
弟のフレデリック・キュヴィエも動物学者として知られる。
生涯 キュヴィエはヴュルテンベルクのメンペルガルト(現在のモンベリアル)にヨハン・レオポルト・ニコラウス・フリードリッヒ・キューファー(Johann Leopold Nicolaus Friedrich Kuefer)という名で生まれた。
退役して年金で暮らす将校の息子だった。
キュヴィエ家はプロテスタントで、ジュラ山脈部のフランス・スイス国境地帯から宗教迫害の結果移住してきた家系である。
シュトゥットガルトのカルルスシューレ(当時設立された軍人養成校)で4年間学んだ後、エリシー伯爵家の家庭教師をした。