芸能人・経営者のおくやみ情報

天藤真 氏(てんどうしん)

推理小説作家[日本]

1983年 1月25日 死去享年69歳

天藤 真(てんどう しん、本名遠藤晋、1915年8月8日 - 1983年1月25日)は日本の推理作家。
東京都生まれ。
東京帝国大学国文科卒。
同盟通信社記者を経て、戦後は千葉県で開拓農民となる。
また千葉敬愛短期大学講師も務める。
寡作ながらユーモアとウィットに富んだ文体、状況設定の巧みさと読者の意表を突く展開の作風が特徴的である。
現在、ほとんどの作品が創元推理文庫に入っている。
1962年旧『宝石』に投稿した『親友記』が宝石賞に佳作入選して、作家活動を開始。
また同年『陽気な容疑者たち』が第八回江戸川乱歩賞の最終候補となり、大下宇陀児らの推薦を得て翌年刊行に至る。
1963年『鷹と鳶』で第二回宝石賞を受賞。
1979年『大誘拐』で第三十二回日本推理作家協会賞を受賞。
作品リスト 死の内幕 宝石社 1963 のち角川文庫、創元推理文庫  陽気な容疑者たち 東都書房 1963 のち角川文庫、創元推理文庫 鈍い球音 青樹社 1971 のち角川文庫、創元推理文庫  皆殺しパーティ サンケイノベルス 1972 のち角川文庫、創元推理文庫  殺しへの招待 産報ノベルス 1973 のち角川文庫、創元推理文庫  『手紙-殺しへの招待-』としてテレビドラマ化された。

作家・ミステリ作家 本名遠藤晋。1915年東京に生まれ、1983年肺癌にて死去。東京大学国文科卒。 ユーモアと本格物を融合させた作品が多い。 創元推理文庫の天藤真推理小説全集で大抵の作品は手に入る。 (引用元 Hatena Keyword)

「天藤真」と関連する人物(故人)