芸能人・経営者のおくやみ情報

アーネスト・ローレンス 氏Ernest Orlando Lawrence

物理学者[アメリカ]

1958年 8月27日 死去享年58歳

アーネスト・ローレンス - ウィキペディアより引用

アーネスト・オーランド・ローレンス(英: Ernest Orlando Lawrence、1901年8月8日 - 1958年8月27日)は、アメリカ合衆国の物理学者。
カリフォルニア大学準教授(1928年 - 1930年)、のち教授(1930年 - 1958年)。
兼バークレー放射線研究所所長(1936年 - 1958年)。
原子物理学や素粒子物理学で標準的に使用される加速器であるサイクロトロンを発明したことで知られる。
さらに、門下の物理学者たちによるサイクロトロンを用いた多くの人工放射性元素の発見を指導した。
テクネチウムの発見もサイクロトロンを用いた合成によるものである。
ネプツニウムを筆頭に1950年代までに発見された超ウラン元素のほとんどは彼が所長を務めていたバークレー放射線研究所(現在のローレンス・バークレー国立研究所)で合成されている。
第二次世界大戦中はマンハッタン計画に参加し、質量分析法によるウラン235の工業的分離に成功した。
戦後も加速器の改良に力を注ぎ、バークレーにベヴァトロン(Bevatron)と名付けられた当時世界最大のシンクロトロンを建設した。

「アーネスト・ローレンス」と関連する人物(故人)