芸能人・経営者のおくやみ情報

クララ・シューマンClara Josephine Wieck-Schumann

ピアニスト作曲家[ドイツ]

(夫は作曲家のロベルト・シューマン)

1896年 5月20日 死去享年78歳

クララ・シューマン - ウィキペディアより引用

クララ・ヨゼフィーネ・シューマン(Clara Josephine Wieck-Schumann, 1819年9月13日 - 1896年5月20日)は、ドイツのピアニスト、作曲家。
ピアノ教師フリードリヒ・ヴィーク(Friedrich Wieck)の次女(長女は生後まもなく死亡)として生まれる。
19世紀に活躍した女流ピアニストであり、また作曲家ロベルト・シューマンの妻としても広く知られている。
プロデビューは1828年、9歳の時、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏会で、モーツァルト・ピアノ協奏曲のソリストを務めたクララは、当時のライプツィヒ、ザクセン王国のみならず、現在のドイツ全域に天才少女としてその名を知られるようになり、以後、19世紀において最も高名なピアニストとなった。
現代においても、ヨーロッパ共通通貨ユーロに統合される前の、最後の100マルク紙幣にクララの肖像が使われていた。
なお、夫ロベルトの死後、クララがそれまでも親交が深かったヨハネス・ブラームスと恋愛関係になったという説が現代に至るまであるが、それを裏付けるものは全く何もない。

19世紀の女流ピアニスト・作曲家であり、ロマン派を代表する作曲家の1人ロベルト・シューマンの妻。1819年9月13日生まれ、1896年5月20日没。1828年、9歳にしてモーツァルトのピアノ協奏曲でソリストとしてデビュー、神童の名をほしいままにする。12歳のころにはヨーロッパ中で演奏するようになり、「ピアノの詩人」として知られるショパンから「私の練習曲集を弾ける唯一のドイツ人女性」と絶賛されたほか、文豪ゲーテからも称賛を受けた。1840年、父の元に弟子入りしていたロベルト・シューマンと結婚、8人の子供をもうける。クララはその美貌、知性も手伝い当時の楽壇の女神的存在であり、特に14歳年下の大作曲家ブラームスからは親愛の情を示された。不倫を裏付ける証拠はないが、二人はロベルトの自殺未遂後の精神科病院への入院、そして死以降も交流を続け、クララの死まで親友であり続けた。クララは今もドイツ国民から広く敬愛されており、ユーロに統合される前のドイツ100マルク紙幣には彼女の肖像が使われていた。 (2012-09-18) (引用元 コトバンク)