芸能人・経営者のおくやみ情報

サル・ミネオ 氏Sal Mineo

俳優[アメリカ]

1976年 2月12日 死去刺殺享年38歳

サル・ミネオ - ウィキペディアより引用

サル・ミネオ(Sal Mineo, 1939年1月10日 - 1976年2月12日)は、アメリカ合衆国出身の俳優である。
本名はサルヴァトーレ・ミネオ・ジュニア(Salvatore Mineo, Jr.)。
生涯 イタリアのシチリア島から移住してきた両親のもと、ブロンクスに生まれた。
8歳でストリート・ギャングに加わり、10歳のときに強盗の容疑で逮捕されたこともあったという。
しかしその後、演劇学校に入って俳優としての道を歩むようになった。
子役としてユル・ブリンナーの舞台『王様と私』などにも出演している。
1955年、17歳のとき、『理由なき反抗』でジェームズ・ディーンの友人を演じ、アカデミー助演男優賞にノミネートされた。
しかしタイプキャストを嫌った彼は『最後の一人まで』ではネイティブ・アメリカンを演じたりと不良少年役からの脱皮を図った。
1960年『栄光への脱出』ではホロコーストを生き延びたユダヤ人少年を演じ、再び助演男優賞にノミネート。
そのほか、1957年『傷だらけの栄光』、1962年『史上最大の作戦』、1971年『新・猿の惑星』などの映画に出演した。