芸能人・経営者のおくやみ情報

カルロス・クライバー 氏Carlos Kleiber

指揮者[ドイツ→オーストリア]

2004年 7月13日 死去享年75歳

カルロス・クライバー - ウィキペディアより引用

カルロス・クライバー(Carlos Kleiber、出生名:カール・ルートヴィヒ・クライバー (Karl Ludwig Kleiber)、1930年7月3日 ベルリン- 2004年7月13日 コニシツァ)は、ドイツ出身の指揮者。
第二次世界大戦期にアルゼンチンに亡命し、後に父の国籍である本来のオーストリア国籍を取得した。
父は世界的な指揮者であったエーリヒ・クライバー。
生涯 出生 彼は名指揮者で当時ベルリン国立歌劇場音楽監督を務めていたエーリヒを父として生まれる。
母はユダヤ系アメリカ人のルース・グッドリッジ、生まれた時にはカール(Karl)と名乗っていた。
父親がナチスと衝突、一家でアルゼンチンに亡命するとともに、スペイン語風にカルロスと改名する。
デビュー カルロスは1950年、ブエノスアイレスで音楽を学び始めるが、父の勧めで1952年からスイスはチューリッヒの連邦工科大学に一旦は入学する。

1930年生まれのクラシックの指揮者。レコーディング嫌いであり、かつコンサートも滅多にやらないため、生前から「幻の大指揮者」と呼ばれていた。また往年の大指揮者、エーリッヒ・クライバーの実の息子でもある。 1930年、ベルリン生まれ。 1935年、父のエーリッヒがナチスの迫害を受けたため、一家でアルゼンチンへ逃れる。 1954年、ポツダムで指揮者デビュー。 2004年7月13日、療養先のスロベニア(母親ならびに妻の出身地)で死去。享年74歳。 (引用元 Hatena Keyword)