芸能人・経営者のおくやみ情報

星由里子 氏(ほしゆりこ)

女優[日本]

2018年 5月16日 死去心房細動と肺がん享年76歳

星 由里子(ほし ゆりこ、1943年12月6日 - )は、日本の女優。
東京都千代田区鍛冶町出身。
身長164cm。
千代田区立今川中学校を経て精華学園女子高等学校卒業(吉永小百合は1年後輩)。
所属事務所は東宝芸能。
1958年、東宝が宝塚歌劇団東京公演にちなんで募集した「ミス・シンデレラ娘」で優勝したことをきっかけに芸能界へ。
八重歯のシンデレラがキャッチフレーズ。
翌1959年に映画『すずかけの散歩道』で銀幕デビュー、同名のレコードで歌手デビューをも果たす。
1960年には同時期にデビューした浜美枝、田村奈巳とともに東宝スリーペットとして売り出される。
控えめで大人しい雰囲気の田村と、明るく活発で女殺し屋やスパイもこなす浜のちょうど中間に位置する星は、清楚だが現代的な気の強さも持ち合わせた役柄を多くこなした。
成瀬巳喜男、岡本喜八、福田純監督作品に度々起用され、文芸作品からアクション映画まで、数多くの映画に出演。
中でも、1961年から始まった『若大将シリーズ』で演じたヒロイン・澄子役が当たり役となり、人気を博す。

女優。 1943年(昭和18年)12月6日、生まれ。2018年(平成30年)5月16日、死去。 東京出身。 1958年(昭和33年)、15歳で東宝「ミス・シンデレラ娘」に当選したことをきっかけに映画デビュー。「若大将シリーズ」の加山雄三の恋人役など、数々の作品で、青春スターとして人気を博す。 さらに演技力の幅をひろげ、 1970年代からは舞台やテレビでも活躍。 (引用元 Hatena Keyword)