芸能人・経営者のおくやみ情報

寺島宗則(てらしまむねのり)

幕臣、政治家、参議、外務卿、伯爵[日本]

1893年 6月6日 死去享年62歳

寺島宗則 - ウィキペディアより引用

寺島 宗則(てらしま むねのり、1832年6月21日(天保3年5月23日)- 1893年(明治26年)6月6日)は、日本の政治家。
爵位は伯爵。
元は松木弘安(まつき こうあん)。
通称は寺島改姓後に陶蔵と名乗った。
日本の電気通信の父と呼ばれる。
第4代外務卿として活躍した。
来歴・人物 天保3年(1832年)、薩摩国出水郡出水郷脇本村字槝之浦(現・阿久根市脇本字槝之浦)の郷士・長野成宗の次男として生まれる(幼名徳太郎、後に藤太郎)。
5歳のとき、跡継ぎがいなかった伯父で蘭方医の松木宗保の養嗣子となり、長崎で蘭学を学ぶ。
弘化2年(1845年)、江戸に赴き伊東玄朴、川本幸民より蘭学を学び、安政2年(1855年)より中津藩江戸藩邸の蘭学塾(慶應義塾の前身)に出講する。
安政3年(1856年)、蕃書調所教授手伝となった後、帰郷し薩摩藩主・島津斉彬の侍医となったが、再度江戸へ出て蕃書調所に復帰した。
蕃書調所で蘭学を教える傍ら、安政4年(1857年)から英語を独学しはじめ、安政5年(1858年)に横浜で貿易実務に関わったことをきっかけに、翌安政6年(1859年)から本格的に英語を学ぶ。

てらじまむねのり [生]天保3(1832).5.23.鹿児島[没]1893.6.6.東京外交官,政治家。文久2(1862)年,遣欧使節に加わり,ロンドンに2年間滞在した。帰国後,幕府に仕え開成所教授となるが,明治維新後は新政府に出仕。参与外国事務掛,神奈川府判事,神奈川県知事,外国官判事などを経て,明治2(69)年外務大輔となった。その後駐英大弁務使を経て,1873年には朝鮮問題で下野した副島種臣に代り外務卿に就任。樺太=千島交換条約の締結,江華島事件の処理などにあたった。懸案の条約改正交渉では法権ならびに税権双方の同時回復は困難とみて,法権回復をとりあえずたなあげとし関税自主権の回復に全力を注いだ。78年アメリカの治外法権を確認する一方,日本の関税自主権回復を承認させた日米約定(吉田=エバーツ協定)を締結するが,おりからのイギリス人アヘン密輸入事件や検疫規則拒絶事件で,法権回復放棄に対する批判が強まり,79年引責辞職,日米約定は実施にいたらなかった。その後文部卿,法制局長,元老院議長,駐米公使などを歴任し,晩年は宮中顧問官,枢密顧問官,枢密院副議長などをつとめた。伯爵。 (引用元 コトバンク)