芸能人・経営者のおくやみ情報

草川信(くさかわしん)

作曲家[日本]

1948年 9月20日 死去享年56歳

草川 信(くさかわ しん、1893年2月14日 - 1948年9月20日)は作曲家。
長野県埴科郡松代町(現・長野市松代町)出身。
長野師範学校附属小学校(信州大学教育学部附属長野小学校)で福井直秋に薫陶を受け、旧制長野中学(長野県長野高等学校)を経て、東京音楽学校(東京芸術大学)に進むとバイオリンを安藤幸に、ピアノを弘田龍太郎に師事する。
卒業後は渋谷区立小学校訓導や東京府立第三高等女学校(東京都立駒場高等学校)教諭など教職の傍ら、演奏家として活動。
その後、雑誌『赤い鳥』に参加し童謡の作曲を手がける。
実兄、草川信雄も同校卒業生で東京の富士見町教会オルガニストであった。
同郷に河野通勢がいる(同じ小学校に在籍していた)。
主な作品 ゆりかごの唄(北原白秋作詞) 離れ小島の(北原白秋作詞) ふぶきの晩(北原白秋作詞) 南の風(北原白秋作詞) 夕焼小焼(中村雨紅作詞) 兵隊さんの汽車(富原薫作詞・戦後GHQの指令で歌詞を『汽車ポッポ』に変更) 緑のそよ風(清水かつら作詞) 春のうた(野口雨情作詞) どこかで春が(百田宗治作詞) ふうりん(川路柳虹作詞) 父母の声(与田準一作詞) ままごと(浜田広介作詞) 風(クリスティーナ・ロセッティ作詞、西条八十訳詞) さいたま市立木崎小学校(下山懋作詞) 外部リンク 草川信研究(富山大学人間発達科学部) 池田小百合 なっとく童謡・唱歌。

くさかわ-しん 1893-1948大正-昭和時代前期の作曲家。明治26年2月14日生まれ。東京音楽学校(現東京芸大)でバイオリンをまなび,卒業後母校の嘱託となる。大正10年雑誌「赤い鳥」にくわわり童謡の作曲をはじめ,北原白秋作詞「揺籃(ゆりかご)のうた」,中村雨紅作詞「夕焼小焼」,百田宗治(ももた-そうじ)作詞「どこかで春が」など約400曲を作曲した。昭和23年9月20日死去。56歳。長野県出身。 (引用元 コトバンク)