芸能人・経営者のおくやみ情報

豊田達郎 氏(とよだたつろう)

トヨタ自動車元社長[日本]

2017年 12月30日 死去肺炎享年89歳

豊田達郎(とよだ たつろう 1929年6月11日 - )は、日本の実業家。
元トヨタ自動車社長、副会長。

トヨタグループの始祖・豊田佐吉は祖父。
トヨタ自動車創業者の豊田喜一郎の次男。
トヨタ自動車名誉会長(元社長)の豊田章一郎は兄。
妻は清水康雄(清水家5代目当主、元清水建設社長)の娘。

名古屋市出身。
東京都立日比谷高等学校 東京都立第一中学校、第一高等学校 (旧制) 第一高等学校を経て、1953年に東京大学工学部機械工学科卒。
ニューヨーク大学大学院経営学修士(MBA)。

父・喜一郎没後の1953年、トヨタ自販に入社。
1974年に取締役、1980年にトヨタ自動車販売取締役、1982年に工販合併でトヨタ自動車常務に。
1984年にフリーモント準備室長としてトヨタ-ゼネラルモーターズ GM合弁新会社・「NUMMI」を設立し、社長に。
以後トヨタ専務、副社長を経て、1992年に社長に就任した。

とよだ-たつろう 1929-昭和後期-平成時代の経営者。昭和4年6月1日生まれ。豊田喜一郎の次男。豊田章一郎の弟。昭和28年トヨタ自動車販売に入社し,アメリカへの乗用車輸出につくす。57年トヨタ自動車工業との合併によるトヨタ自動車誕生時は常務。GMとの合弁事業をすすめ,59年NUMMI社長。本社に復帰し,61年専務,平成4年社長,7年病により副会長,8年相談役。経済同友会副代表幹事もつとめた。愛知県出身。東大卒。 (引用元 コトバンク)