芸能人・経営者のおくやみ情報

金田龍之介 氏(かねだりゅうのすけ)

俳優[日本]

2009年 3月31日 死去慢性腎不全享年82歳

金田 龍之介(かねだ りゅうのすけ、1928年6月15日 - 2009年3月31日)は、日本の俳優。
本名は同じ。
1970年頃までは異体字で表記された金田竜之介名義の作品もある。
血液型はA型。
三男は俳優の金田拓三。
過去の出演作品については、金田 龍之介権利継承者である満里子夫人から、オフィス天童に委任されている。
来歴・人物 東京府東京市本所区本所松坂町(現在の東京都墨田区両国二丁目、三丁目辺り)出生。
幼少の頃に大阪市都島区に移住し上京まで過ごすので本人は「大阪市都島区出身」と生前は語っていた。
1933年、大阪天満八千代座にて子役として初舞台を踏む。
旧制大阪市立都島工業専門学校(新制大阪市立大学理工学部の前身。
現都島工業高校の場所にあった)卒業後は会社に勤めながら劇団青猫座にて演劇活動を行い、関西演劇界を担う若手俳優のひとりだったが、子役時代からのキャリアを持ち、20代ですでにベテラン俳優として、開局間もない在阪各局のテレビドラマにも活躍の場を拡げて出演し、帰阪の度に、各界の旧友たちとの交流を続けた。

俳優。 1928年(昭和3年)6月15日、生まれ。 2009年(平成21年)3月31日、死去。 東京都本所松坂町に生まれ、2歳から大阪府で育つ。A型。 主に悪役、それもフィクサーや官僚と言った、超大物の悪役を演じることが多く、貫禄と威圧感で視聴者を魅了した。 一方で、『お江戸でござる』などのコメディにも数多く出演し、普段とは全く違う役柄を器用に演じた。 『子連れ狼第3シリーズ』に登場した阿部怪異は、原作者である小池一夫が金田龍之介をモチーフにデザインしたと言われており、自ら特殊メイクを用いて熱演していた。 さち子プロ所属。 1933年(昭和8年)、大阪天満八千代座にて初舞台しデビューする。 1956年(昭和31年)4月、劇団新派に入団。 1970年(昭和45年)、日本放送作家協会賞受賞。 1983年(昭和58年)、菊田一夫演劇賞受賞。 2001年(平成13年)、文化庁長官賞 (引用元 Hatena Keyword)