芸能人・経営者のおくやみ情報

塩見孝也 氏(しおみたかや)

元赤軍派議長、犯罪者[日本]

2017年 11月14日 死去享年77歳

塩見 孝也(しおみ たかや、1941年5月22日 - )は、日本の新左翼活動家。
元赤軍派議長、最高指導者。
「日本のレーニン」と呼ばれた。
1941年、広島県尾道市で出生。
1962年、京都大学文学部入学。
活動 京大在学中から「ブント」の活動家となり、京都府学連書記長、社学同書記長と幹部となる。
しかし1969年、それまでのブントの活動に飽きたらず、「これまでの闘争方針では70年闘争を闘いきれない。
受動的な階級闘争論では展望が開けず、能動的な攻撃型の階級闘争こそが必要である」と武装闘争を主張する。
さらぎ徳二らの関東派と対立の結果、決別し、いわゆる関西ブントを中心に「共産主義者同盟赤軍派」を結成し、その議長に就任した。
メンバーは京大、同志社大学、立命館大学を中心に400人で、軍事委員長は大阪市立大学の田宮高麿である。
同年秋には具体的な実行として、大阪、東京で交番・パトカーなどを襲撃した大阪戦争、東京戦争等を指揮する。
しかし11月に「大菩薩峠事件」の失敗で主要幹部を含む53人が逮捕され、大きな打撃を受ける。

評論家。元赤軍派議長。 1941年(昭和16年)5月22日、生まれ。兵庫県出身。 1969年(昭和44年)共産同赤軍派を結成、政治局議長に。 1970年(昭和45年)、よど号ハイジャックの前に逮捕され20年間獄中生活を送る。 2017年(平成29年)11月14日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「塩見孝也」と関連する人物(故人)