芸能人・経営者のおくやみ情報

エド・ウッド 氏Ed Wood

映画監督脚本家、映画プロデューサー俳優[アメリカ]

1978年 12月10日 死去享年55歳

エド・ウッド(Ed Wood, フルネームは Edward Davis Wood, Junior, エドワード・D・ウッド・Jr.、1924年10月10日 - 1978年12月10日)は、アメリカの史上最低といわれた映画監督。
彼は、映画プロデューサー、脚本家、俳優をすべて務めた。
自らが製作した映画がすべて興行的に失敗した為、常に赤貧にあえぎ、貧困のうちに没した。
死因はアルコール中毒。
人物・エピソード 没後はしばらく忘れられていたが、映画の上映権を安く買いたたかれた結果、深夜テレビの映画枠で繰り返し放送されることになった『プラン9・フロム・アウタースペース』は一部でカルト的な人気を得て評論家の目に止まり、1980年に「ゴールデンターキー賞」という本において「歴代最低映画」として紹介され、「再評価」が始まった。

Ed Wood 1994年|アメリカ|モノクロ|124分|画面比:1.85:1 (引用元 Hatena Keyword)