芸能人・経営者のおくやみ情報

森慎二 氏(もりしんじ)

プロ野球選手、コーチ[日本]

2017年 6月28日 死去多臓器不全享年44歳

森慎二 - 元プロ野球選手、コーチ

森 慎二(もり しんじ、1974年9月12日 - )は、山口県出身の元プロ野球選手(投手)、プロ野球コーチ。
2015年より埼玉西武ライオンズの投手コーチを務める。
来歴・人物 プロ入り前 山口県立岩国工業高等学校卒業後、新日鐵光に入るが、新日鐵グループ野球部の再編に伴って新日鐵君津に転籍。
1996年の第67回都市対抗野球大会で優秀選手賞を受賞し、同年ドラフト2位で西武ライオンズに入団。
西武時代 入団1年目の1997年はプロ初登板は先発だったが先発としては結果を残せず中継ぎで好投したことからリリーフに転向。
後半には石井貴と入れ替わる形で抑えに抜擢され、最終的に38試合に登板し6勝2敗9セーブを記録しチームの優勝に貢献。
日本シリーズにも登板した。
1998年は開幕からストッパーとして期待され起用されたものの不振で、同じく先発で不振だった西口文也と配置転換で先発登板する。
中継ぎと谷間のローテーションを埋め徐々に調子を取り戻し52試合に登板8勝8敗5セーブを記録しリーグ連覇に貢献した。

プロ野球選手・指導者。通称「森スコ」。 右投左打、ポジションは投手。背番号は19→11番。 1974年9月12日、生まれ。山口県岩国市出身。 山口県立岩国工業高等学校から新日鉄光に入社するが、2年で休部となる。新日鉄君津に移籍し、都市対抗野球でベスト8進出。 1996年、ドラフト2位で西武ライオンズに入団。球速のあるストレートと落差の大きいフォークで三振を取っていく速球派投手として活躍。1年目より抑えを任され、9セーブをあげる活躍をするも、年によって調子が上下することもあり、先発に転向したり戻ったりと、定位置が定まらないシーズンが多かった。 2001年、開幕前に右肩痛により戦線離脱、クローザーの地位を豊田清に譲る。 2002年、2003年は豊田の前を任される投手として活躍、年間60試合以上投げ、最優秀中継ぎ投手の称号も得ている。 2006年、ポスティングシステムによりMLB、タンパベイ・デビルレイズに移籍。しかし、オープン戦で故障した怪我の回復が思うようにいかずメジャーでの登板機会に恵まなかった。2007年解雇。 2009年、石川ミリオンスターズの投手コーチに就任。 2010年、石川ミリオンスターズの監督に就任。 2015年、埼玉西武ライオンズの二軍投手コーチに就任 2017年6月28日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)

「森慎二」と関連する人物(故人)