芸能人・経営者のおくやみ情報

河野一郎 氏(こうのいちろう)

政治家[日本]

1965年 7月8日 死去大動脈瘤破裂享年68歳

河野一郎 - ウィキペディアより引用

河野 一郎(こうの いちろう、1898年(明治31年)6月2日 - 1965年(昭和40年)7月8日)は、日本の政治家。
元副総理格国務大臣(格無任所大臣)日本自由党幹事長、自由民主党総務会長。
財界四天王が邪魔をしなければ内閣総理大臣になれたと言われる実力者だった。
河野派会長、領袖。
自由民主党の党人派の代表格として権勢を誇り、その政治行動は「横紙破り」 と呼ばれた。
農林大臣、建設大臣、特命相、五輪大臣、副総理、国務大臣(筆頭無任所大臣)を務めた。
また、地元神奈川県県政にも強い影響力を持ち、県は「河野王国」とも呼ばれた。
栄典は従二位勲一等旭日桐花大綬章。
参議院議長をつとめた河野謙三は実弟。
衆議院議長、外務大臣、自由民主党総裁、新自由クラブ代表をつとめた河野洋平は次男。
衆議院議員河野太郎は孫にあたる。
来歴・人物 戦前 神奈川県足柄下郡豊川村の豪農・河野家に生まれる。
父治平(じへい)は、豊川村長、郡会議員、神奈川県会議長などを歴任した人物。
神奈川県立小田原中学校(現:神奈川県立小田原高等学校)を経て、1923年(大正12年)早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業し、朝日新聞社に入社。

こうのいちろう [生]1898.6.2.神奈川[没]1965.7.8.東京政治家。1923年早稲田大学卒業。『朝日新聞』記者となる。32年衆議院議員初当選。45年日本自由党結成に参画。同幹事長となったが,46年公職追放。51年追放を解除され,吉田内閣打倒,鳩山政権実現に専念した。54年鳩山内閣の農相となり,日ソ漁業交渉と日ソ復交に活躍。「河野執権」と称される実権者となった。その後も党と内閣の要職を歴任し,64年,池田首相退陣後の自由民主党総裁を佐藤栄作と争ったが敗れ,半年後急死した。 (引用元 コトバンク)