芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤楸邨 氏(かとうしゅうそん)

俳人[日本]

1993年 7月3日 死去享年89歳

加藤 楸邨(かとう しゅうそん、1905年(明治38年)5月26日 - 1993年(平成5年)7月3日)は日本の俳人、国文学者。
本名は健雄(たけお)。
水原秋桜子に師事、はじめ「馬酔木」に拠ったが、苦学する中で同誌の叙情的な作風に飽き足らなくなり、人間の生活や自己の内面に深く根ざした作風を追求、石田波郷、中村草田男らとともに「人間探求派」と呼ばれた。
戦後は戦災や社会運動への参加などを経て幅の広い作風を展開、また主宰した「寒雷」では伝統派から前衛派まで多様な俳人を育てた。
生涯 東京市北千束(現東京都大田区北千束)に生まれる。
父・健吉、母・千佳の長男。
健吉は当時私設甲武鉄道の駅員で、東京転勤の命を受けた直後の出生であったため、出生届は前任地の山梨県大月市で出された。
翌年、鉄道国有法の成立に伴って甲武鉄道が国有化され、健吉も鉄道官吏となる。
以後父の転勤に伴い、楸邨は少年時代を関東、東北、北陸と転々として過ごした。
1921年、父の定年退職に伴い、母の郷里である石川県金沢市に転居、石川県立金沢第一中学校(現石川県立金沢泉丘高等学校)へ転校。

俳人。 1905年(明治38年)5月26日、生まれ。1993年(平成5年)7月3日、死去。 朝日新聞のアマチュア俳人の選句を20年ほど勤めた。 1985年(昭和60年)、日本芸術院会員。 (引用元 Hatena Keyword)