芸能人・経営者のおくやみ情報

太田竜 氏

社会活動家[日本]

2009年 5月19日 死去肺炎享年78歳

太田 龍(太田 竜、おおた りゅう、1930年8月16日 - 2009年5月19日)は、日本の革命思想家である。
本名、栗原 登一(くりはら とういち)。
樺太豊原町(現・ロシア共和国サハリン州ユジノサハリンスク市)出身。
東京理科大学中退。
元日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)委員長。
1970年はじめはアイヌ、終わりごろは自然食(マクロビオティック)や特に自然食運動の始祖桜沢如一の革命理論を取り込んでいき、反家畜制度、反米、フリーメーソンやイルミナティのような秘密結社を含む反ユダヤ主義、反国際金融支配となる。
その後、人類は爬虫類人によって支配されているという説を取り込んでいる。
2009年5月19日腹膜炎のため死去。
共産主義者として 医師栗原達三郎とトミ(旧姓小林)の四男として誕生。
父方は千葉県印旛郡物井村(現在の四街道市物井)に代々続いた漢方医の家系。
1942年、豊原第一尋常小学校入学。
このころ、次兄東洋がマルクス主義者として逮捕され、北海道帝国大学予科を退学になる。

おおた-りゅう 1930-2009昭和後期-平成時代の社会運動家。昭和5年8月16日樺太(からふと)(サハリン)生まれ。昭和32年黒田寛一らと日本トロツキスト連盟を結成。世界革命,窮民革命をとなえ,新左翼の理論的指導者となる。のちエコロジー運動に転じた。平成21年5月19日死去。78歳。東京理大中退。本名は栗原登一。著作に「アイヌ革命論」「日本エコロジスト宣言」など。 (引用元 コトバンク)