芸能人・経営者のおくやみ情報

鳥海永行 氏(とりうみひさゆき)

アニメーション監督、作家[日本]

2009年 1月23日 死去心不全享年69歳

鳥海 永行(とりうみ ひさゆき、1941年10月29日 - 2009年1月23日)は、神奈川県伊勢原市出身の日本のアニメーション監督、小説家で、アニメ演出家の押井守の師匠でもある。
中央大学法学部政治学科卒。
演出家としての代表作は、『科学忍者隊ガッチャマン』タツノコプロ(1972-74)、『ニルスのふしぎな旅』スタジオぴえろ(1980-81)。
1983年に押井守と共同で監督したアニメ『ダロス』は世界初のOVA作品となった。
小説家としての代表作は、英仏百年戦争から日本の南北朝争乱までを描いた「球形のフィグリド」シリーズ(1988-91)。
ジュブナイル誌・文庫を中心に執筆しながらも、伝奇的な要素を色濃く持つ歴史・時代小説を得意とし、境界を接するミステリーやファンタジー、SFといった作品にも手を染めた。
タツノコプロ時代 映画に興味を持っていたことから、中央大学法学部在学中にシナリオ研究所に通い、1966年2月にタツノコプロへ入社。

アニメーション監督・演出家・小説家 誕生日:1941年(昭和16年)10月29日 出身地:神奈川県伊勢原市 中央大学法学部卒 タツノコプロ作品に参加。SFアクションの秀作を多く手がける。この時期の部下に、押井守、西久保瑞穂、真下耕一などがいた。 1979年、スタジオぴえろ(現:ぴえろ)の設立に参加。 2009年(平成21年)1月23日、死去。67歳。 (引用元 Hatena Keyword)