芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィレム1世Willem I

オラニエ公[オランダ]

1584年 7月10日 死去享年52歳

ウィレム1世またはヴィレム1世(Willem I) ウィレム1世 (ホラント伯) (生没年:1167年頃 - 1222年) ウィレム1世 (オラニエ公) (生没年:1533年 - 1584年) ウィレム1世 (オランダ王) (生没年:1772年 - 1843年)。

ウィレムいっせいWillemI [生]1772.8.24.ハーグ[没]1843.12.12.ベルリンオランダ(ネーデルラント)王国初代の王(在位1815~40)。オランニェ=ナッサウ公,ルクセンブルク大公。オランダ連邦共和国総督ウィレム5世の子でウィレム6世とも数えられる。1791年プロシア王フリードリヒ・ウィルヘルム2世の娘ウィルヘルミナと結婚。95年フランス軍の侵入により家族とともにイギリスに亡命したが,のちプロシア軍に参加してナポレオン軍と戦った。1813年ナポレオン1世敗北後オランダに帰国し,主権者として迎えられた。15年ウィーン会議の結果,オランダ,ベルギー,リエージュ,ルクセンブルクを含むオランダ王国が成立し,ウィレム1世として国王になった。崩壊したオランダ経済の復興に手腕を発揮したが,その強圧的な統治はベルギー住民の不満を高め,30年パリに七月革命が発生すると,ベルギーは独立運動を起した。30~31年列国はロンドン会議を開きベルギー独立を認めたが,ウィレムは39年にいたってようやく独立を承諾した。翌年退位。 (引用元 コトバンク)

「ウィレム1世」と関連する人物(故人)