芸能人・経営者のおくやみ情報

ロベール・ドアノー 氏Robert Doisneau

写真家[フランス]

1994年 4月1日 死去享年83歳

ロベール・ドアノー - ウィキペディアより引用

ロベール・ドアノー(Robert Doisneau, 1912年4月14日 - 1994年4月1日)は、フランスの写真家である。
主として報道写真やファッション写真の分野で活躍した。
ロベール・ドワノーと記載されることもある。
欧米での展覧会多数。
ヴァル=ド=マルヌ県のジャンティイ生まれ。
父親は配管工であった。
1934年に結婚してオー=ド=セーヌ県のモンルージュに新居を構え、終生をそこで過ごした。
工芸学校で石版印刷工の資格を取って働いた後、1931年にアンドレ・ヴイニョーの助手となり、1932年に独立。
1934年から1939年まではルノーに勤務して工場内の記録写真を担当。
しかし、プリントの出来栄えにこだわるあまり遅刻が重なり、解雇される。
その後フランス軍に入るが、1940年に結核を発症して除隊となる。
第二次大戦中は自由フランスのレジスタンスに参加。
1945年から1947年にかけてはフランス共産党に所属し、左翼系の芸術家たちとの交流を持った。
1949年にヴォーグ・フランス誌とフォトグラファーとして契約。
ファッション写真を手がけつつ、夜な夜なロベール・ジローとともにパリの町中を歩き回って撮影を行った。