芸能人・経営者のおくやみ情報

正力松太郎 氏(しょうりきまつたろう)

読売新聞、日本テレビ 元社長[日本]

1969年 10月9日 死去享年85歳

正力松太郎 - ウィキペディアより引用

正力 松太郎(しょうりき まつたろう、1885年(明治18年)4月11日 – 1969年(昭和44年)10月9日)は、日本の内務官僚、実業家、政治家。
元読売新聞社社主。
位階勲等は従二位勲一等。
富山県高岡市名誉市民。
京成電鉄OB。
人物概要 読売新聞社の経営者として、同新聞の部数拡大に成功し、「読売中興の祖」として大正力(だいしょうりき)と呼ばれる。
日本におけるそれぞれの導入を強力に推進したことで、プロ野球の父、テレビ放送の父、原子力発電の父とも呼ばれる。
東京帝国大学法科大学卒で内務省に入り、警視庁警務部長になったが、虎の門事件の警備責任から引責辞職した。
翌年、経営難で不振の読売新聞を買い受けて社長に就任し、新聞界に転じた。
以後、政財界に影響力を拡大。
1940年(昭和15年)の開戦時は大政翼賛会総務であったためにA級戦犯の第三次戦犯指名となり、逮捕されたが、起訴はされず、巣鴨プリズン収容者の1人となった。
このためしばらく公職追放処分を受けた。
戦後は、MLB選手を日本に招聘して日米野球を興行するなど野球界で尽力したが、一方で長期にわたる中央情報局(CIA)への協力(非公式の工作活動)をおこなっていたことが、アメリカで保管されている公文書により判明している。

読売新聞社長 明治18年4月11日、枇杷首(現・富山県射水市)に生まれる。 東京帝国大学から警視庁に入り、刑事課長などを経て、官房主事兼高等課長となるが、大正12年12月27日の虎ノ門事件(難波大助による摂政裕仁親王−後の昭和天皇−の狙撃事件)を防げなかった責任を取り警察を辞職。 その直後、読売新聞を買取り社長に就任、身近な話題を記事にし、発行部数を増やし、読売新聞は朝日・毎日と並ぶ大新聞となる。 昭和9年、プロ野球球団・大日本東京野球倶楽部(現読売ジャイアンツ)を創設。  昭和19年に貴族院議員となり、戦後は大阪読売新聞を発行、読売新聞を全国紙として展開しはじめる。 昭和28年、日本で最初の民間テレビ局である日本テレビを創設。街頭テレビでプロレス中継を流し、CM広告料でテレビを運営する。 昭和29年、読売新聞社社主として経営の第一線から退き、翌年(昭和30年)に衆議院議員に当選。原子力行政に力を入れ、原子力委員会の初代委員長となり、科学技術庁の初代長官となった。 また、柔道十段の柔道家、プロ野球初代コミッショナーとしても知られる。 昭和34年、第一回野球殿堂入り。 昭和39年、勲一等旭日大綬章を受章。  昭和44年10月9日死去。享年84歳 プロ野球界に貢献した競技者に贈られる「正力松太郎賞」(正力賞)に名を冠している。 (引用元 Hatena Keyword)