芸能人・経営者のおくやみ情報

山川健次郎(やまかわけんじろう)

会津藩士、教育者、東京帝国大学・京都帝国大学の総長[日本]

1931年 6月26日 死去享年78歳

山川健次郎 - ウィキペディアより引用

山川 健次郎(やまかわ けんじろう、安政元年閏7月17日(1854年9月9日) - 昭和6年(1931年)6月26日)は、日本の教育者。
日本初の理学博士。
位階・勲等・爵位は正二位勲一等男爵。
枢密顧問官。
東京帝国大学で物理学を教える。
東京帝国大学、京都帝国大学総長、九州帝国大学の初代総長、私立明治専門学校(現在の九州工業大学)の初代総裁、旧制武蔵高等学校(現在の武蔵大学)の校長などを務める。
略伝 嘉永7年(1854年) - 会津藩士・山川重固の三男として生まれた。
万延元年(1860年) - 父の重固が没し、兄・大蔵(後の山川浩)が家督を継ぐ。
明治元年(1868年) - 会津戦争。
若松城開城後、猪苗代に謹慎の後、越後に脱走、長州藩士・奥平謙輔の書生となる。
明治4年(1871年) - 斗南藩再興のあと、アメリカへの国費留学生に選抜され渡米。
明治8年(1875年) - イェール大学で物理学の学位を取得し帰国。
明治9年(1876年) - 東京開成学校(翌年、東京大学に改編)教授補になり、アメリカ人ピーター・ベーダー(ピーテェル・ベダル)の助手を務める。

やまかわけんじろう [生]嘉永7(1854).閏7.17.陸奥,若松[没]1931.6.26.東京明治・大正期の物理学者,教育家。会津藩士の子として生まれる。藩校日新館で学び,理学研究を志して明治4(1871)年に渡米,エール大学シェフィールド理学校で科学を修めた。1875年に帰国,東京開成学校(→開成学校)教授補を経て,日本人初の東京帝国大学理学部教授(物理学担当),また初の理学博士となった。1901~05年に東京帝国大学総長を務め,1911年九州帝国大学創設に際し総長となり,1913~20年には再び東京帝国大学総長,1914年から京都帝国大学総長を兼任した。晩年には明治専門学校(→九州工業大学)や武蔵高等学校(→武蔵大学)で教育に尽力。教育者として古武士の風ありといわれた。1905年貴族院議員,1915年男爵叙爵,1923年枢密顧問官(→枢密院)。 (引用元 コトバンク)