芸能人・経営者のおくやみ情報

上原敏

歌手[日本]

(本名・松本力治)

1944年 7月29日 死去戦死享年35歳

上原敏 - ウィキペディアより引用

上原 敏(うえはら びん、本名:松本力治(まつもと りきじ)、1908年8月26日 - 1944年7月29日)は、秋田県出身の歌手。
「妻恋道中」「裏町人生」のヒットを持つ戦前に活躍した流行歌手。
最終学歴は専修大学卒業。
昭和10年代(1930年代後半から1940年代前半)に一世を風靡した歌手。
秋田県北秋田郡大館町(現・大館市)の商家「ネリヤ」に生まれる。
大館中学(現・秋田県立大館鳳鳴高等学校)在学中からバイオリンに熱中。
音楽の素養を身に付けた。
スポーツは中学時代から野球を得意とし、専修大学商学部に入学後も得意の野球を楽しみ、大学リーグに選手として出場している。
ポジションは投手で、1933年春と1934年春の東京五大学リーグ戦優勝に貢献した。
なお、4年時には主将を務めた。
1936年、わかもと製薬宣伝部に入社。
普通のサラリーマンとして社会人となったが、社会人野球チームに所属し、レコード会社のポリドールの野球部と対戦した際に、上原の遠縁の親戚でポリドールの幹部であった浪曲作家・秩父重剛から作詞家藤田まさとを紹介され、レコード吹込みを勧められる。

うえはら-びん 1908-1944昭和時代前期の歌手。明治41年8月26日生まれ。専修大在学中は東都大学野球の優勝投手。サラリーマンから歌手に転じ,昭和11年「月見踊り」でデビュー。「妻恋道中」「裏町人生」で人気歌手となる。「上海だより」の歌いだし「拝啓御無沙汰しましたが」は流行語となった。昭和19年7月29日ニューギニア戦線で病死。37歳。秋田県出身。本名は松本力治。 (引用元 コトバンク)