芸能人・経営者のおくやみ情報

中里介山(なかざとかいざん)

作家[日本]

1944年 4月28日 死去腸チフス享年60歳

中里介山 - ウィキペディアより引用

中里 介山(なかざと かいざん、男性、1885年(明治18年)4月4日 - 1944年(昭和19年)4月28日)は、日本の小説家。
本名は、中里 弥之助。
甥に、ロシア・ソビエト文学者の中里迪弥(なかざとみちや)。
神奈川県西多摩郡羽村(現在の東京都羽村市)に精米業者の次男として生まれる。
玉川上水の取水堰にほど近い多摩川畔の水車小屋で生まれたと伝えられる。
生家は自由民権運動で三多摩壮士と呼ばれた人びとの根拠地で、民権運動の気風が色濃く残る土地であった。
長兄は早世しており、少年時代に農家であったが、父の代で離農したため土地を失い、不遇の時代を過ごした。
1898年(明治31年)西多摩尋常高等小学校を卒業後に上京し、日本橋浪花電話交換局での電話交換手や母校の代用教員の職に就き、一家を支えた。
この時期に松村介石に傾倒し、号の「介山」も松村にあやかるものだという。
『平家物語』などの日本古典に親しむ一方で、ユゴーらの外国小説も好んだという。
また、キリスト教や社会主義に接近し、幸徳秋水や堺利彦、内村鑑三、山口孤剣らの社会主義者と親交を結び、「平民新聞」へ寄稿する。

小説家(1885-1944)。大正2年(1913年)から昭和16年(1941年)まで、都新聞等の新聞に『大菩薩峠』を連載するも、未完のまま病没する。 このキーワードは編集待ちキーワードです。 説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。 (引用元 Hatena Keyword)