芸能人・経営者のおくやみ情報

二葉亭四迷(ふたばていしめい)

作家[日本]

1909年 5月10日 死去享年46歳

二葉亭四迷 - ウィキペディアより引用

二葉亭 四迷(ふたばてい しめい、1864年4月4日(元治元年2月28日) - 1909年(明治42年)5月10日)は、日本の小説家、翻訳家。
本名、長谷川 辰之助(はせがわ たつのすけ)。
筆名の由来は、処女作『浮雲』に対する卑下、特に坪内逍遥の名を借りて出版したことに対して、自身を「くたばって仕舞(め)え」と罵ったことによる。
文学に理解のなかった父に言われたというのは俗説である(『予が半生の懺悔』)。
長谷川 二葉亭(はせがわ ふたばてい)とも呼ばれる。
別の号に冷々亭主人、杏雨。
江戸市ヶ谷生れ。
彼の自筆履歴書によると、1883年2月1日から1885年12月25日まで、当時の専修学校(現在の専修大学)で学び、卒業した。
また、東京外国語学校(現東京外国語大学)露語科入学後、同科が改組されてできた東京商業学校(現一橋大学)第三部露語科を1886年1月に中退。
坪内逍遥と交流を結び、その勧めで評論『小説総論』を発表。
1887年~1891年の間に出された写実主義小説『浮雲』は言文一致体で書かれ、日本の近代小説の開祖となった。

  • 題名
    浮雲 (岩波文庫)
    著者
    二葉亭四迷
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    354ページ
    発売日
    2004-10-15
    新品価格
    ¥ 3,643
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    浮雲 (新潮文庫)
    著者
    二葉亭四迷
    発売元
    新潮社
    ページ数
    304ページ
    発売日
    1951-12-18
    新品価格
    ¥ 464
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    平凡
    著者
    二葉亭四迷
    発売元
    ページ数
    131ページ
    発売日
    2012-09-13
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    〆切本2
    著者
    森鷗外
    発売元
    左右社
    ページ数
    392ページ
    発売日
    2017-10-07
    新品価格
    ¥ 2,484
    中古商品
    ¥ 1,100 より
  • 題名
    平凡―他六篇 (岩波文庫)
    著者
    二葉亭四迷
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    203ページ
    発売日
    2005-02-01
    新品価格
    中古商品
    ¥ 553 より
  • 題名
    浮雲
    著者
    二葉亭四迷
    発売元
    ページ数
    142ページ
    発売日
    2012-09-27
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    『二葉亭四迷作品集・13作品⇒1冊』
    著者
    二葉亭四迷
    発売元
    二葉亭四迷作品集・出版委員会
    ページ数
    270ページ
    発売日
    2014-11-09
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    二葉亭四迷と明治日本
    著者
    桶谷秀昭
    発売元
    文藝春秋
    ページ数
    333ページ
    発売日
    1986-09
    新品価格
    中古商品
    ¥ 50 より
  • 題名
    平凡 (青空文庫POD(ポケット版))
    著者
    二葉亭四迷
    発売元
    青空文庫POD[NextPublishing]
    ページ数
    176ページ
    発売日
    2014-03-10
    新品価格
    ¥ 846
    中古商品
    ¥ 1,846 より
  • 題名
    星はらはらと 二葉亭四迷の明治
    著者
    太田治子
    発売元
    中日新聞社
    ページ数
    286ページ
    発売日
    2016-05-27
    新品価格
    ¥ 1,944
    中古商品
    ¥ 310 より

ふたばていしめい [生]文久4(1864).2.3/28.江戸[没]1909.5.10.ベンガル湾小説家,翻訳家。本名,長谷川辰之助。1886年東京外国語学校露語科中退。同年坪内逍遙を知り,そのすすめで日本最初の近代リアリズム小説『浮雲』第1編(1887)を発表。続いて同第2編(88),第3編(89)と書き進んで,近代口語文体を完成させたが,まもなく文学に疑問を感じ,『浮雲』を中絶したまま内閣官報局の仕事に転じた(89~97)。その後母校の教授を経て満州に渡る(1902~03)などしたが,その間I.ツルゲーネフ,N.V.ゴーゴリらの作品を翻訳した。また小説では20年ぶりに『其面影(そのおもかげ)』(06),『平凡』(07)を書き,的確な心理描写などに実力を発揮した。1908年『朝日新聞』サンクトペテルブルグ特派員となり,翌年帰国の途上,船中で没した。近代翻訳の嚆矢となった『あひゞき』(1888),リアリズム理論の先駆となった『小説総論』(86)も記念碑的文献である。 (引用元 コトバンク)