芸能人・経営者のおくやみ情報

大塚博堂 氏(おおつかはくどう)

歌手[日本]

1981年 5月18日 死去享年38歳

大塚 博堂(おおつか はくどう、1944年3月22日 - 1981年5月18日)は、ニューミュージックのシンガーソングライター。
本名は大塚博堂(おおつか ひろたか)。
大分県別府市出身。
東洋音楽大学(現:東京音楽大学)声楽科中退。
活動時の所属事務所は渡辺プロダクション。
以下の表記は、「博堂」で統一する。
1972年(昭和47年)に「大塚たけし」名義で歌手デビューするものの、不発。
その後クラブでの弾き語りの活動などが評判になり、1976年(昭和51年)6月26日、『ダスティン・ホフマンになれなかったよ』で32歳での再デビュー。
これが評価され、遅咲きながらも『めぐり逢い紡いで』、『過ぎ去りし想い出は』や『季節の中に埋もれて』などの曲で活発な音楽活動を行ったが、1981年(昭和56年)5月18日に脳内出血のため37歳で急逝した。
5年間の活動に凝縮された彼の曲は、レコード化されたものが約80曲、没後に発表されたものを含めて約90曲ある。
その他、小野寺昭、岩城滉一、ペギー葉山など他歌手に提供した歌が40曲ほどある。

1944年生まれ、大分県別府市出身 1976年「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」でデビュー 1981年死去 (引用元 Hatena Keyword)