芸能人・経営者のおくやみ情報

富樫雅彦 氏(とがしまさひこ)

ジャズミュージシャン[日本]

2007年 8月22日 死去心不全享年68歳

富樫 雅彦(とがし まさひこ、1940年3月22日 - 2007年8月22日)は、日本のジャズパーカッショニスト。
バイオリニストの父の影響を受けてバイオリンを始め、10歳の頃には小野アンナに師事するが、13歳の頃よりドラマーの道を目指し始める。
翌年にあたる1954年(14歳)で既に、チャーリー石黒率いる東京パンチョスや松岡直也トリオのドラマーの座を得る。
その後も10代のうちに八木正生トリオ、秋吉敏子コージー・カルテット、渡辺貞夫コージー・カルテットなど複数のグループでドラマーとして活躍する。
1961年にジャズ・アカデミーを結成し、以後フリー・ジャズに傾倒する。
麻薬に手を出して1962年1月に甲府刑務所に収監され、1年半後の1963年6月に出獄。
1965年に日本初のフリー・ジャズ・グループと言われる富樫雅彦カルテットを結成。
この頃には、唐十郎(俳優、劇作家)や足立正生(映画監督)と共に「新宿の三大天才」と呼ばれた。
1969年に実験的音響空間集団ESSGを結成。
この年、富樫は後世に語り継がれることになるアルバムを連続して生み出す。

とがし-まさひこ 1940-2007昭和後期-平成時代のドラマー,作曲家。昭和15年3月22日生まれ。中学在学中にドラムをはじめ,昭和36年高柳昌行らとジャズアカデミーを結成。40年山下洋輔らと日本ではじめてのフリージャズ演奏をおこなう。事故で車いす生活をおくるが,高橋悠治らと共演する。アルバムに「スピリチュアル・ネイチャー」など。平成3年ジャズ・ディスク大賞。平成19年8月22日死去。67歳。東京出身。 (引用元 コトバンク)