芸能人・経営者のおくやみ情報

宮武外骨 氏(みやたけがいこつ)

ジャーナリスト[日本]

1955年 7月28日 死去享年89歳

宮武外骨 - ウィキペディアより引用

宮武 外骨(みやたけ がいこつ、慶応3年1月18日(1867年2月22日) - 昭和30年(1955年)7月28日)は、日本のジャーナリスト(新聞記者、編集者)、著作家、新聞史研究家、江戸明治期の世相風俗研究家。
明治・大正期にはジャーナリストとして、政治家や官僚、行政機関、マスメディアを含めた権力の腐敗を言論により追及した。
日本における言論の自由の確立を志向し、それを言論によって訴えた。
また、活字によるアスキーアートを先駆的に取り入れた文章など、様々な趣向を凝らしたパロディや言葉遊びを執筆したことでも有名。
関東大震災以降は風俗史研究に活動の重点を移し、東京帝国大学(東京大学)に明治新聞雑誌文庫を創設した。
生涯 パロディから反官僚へ 讃岐国阿野郡小野村(現在の香川県綾歌郡綾川町小野)に庄屋宮武家の四男として生まれた。
幼名は亀四郎。
高松栄義塾で漢学を学び、明治14年(1881年)、14歳の時に上京し進文学舎においても漢学を学ぶ。
17歳の時に戸籍上の本名を "外骨" に改める。
幼名の亀四郎の亀が "外骨内肉" の動物であることに因んだ物である。

1867〜1955。ジャーナリスト、文化風俗研究家、新聞雑誌研究家。 「滑稽新聞」「スコブル」など多数の雑誌や奇書を刊行し、反骨と風刺諧謔に富む奇人として知られる。 権力揶揄による入獄4回。 幼名「亀四郎」。亀は「外骨内肉」のため、改名する。つまりこれが本名である。なお、本人は姓の「宮」と「武」がともに権力を示すとして嫌い、「外骨」とだけ名乗っていた。 (引用元 Hatena Keyword)