芸能人・経営者のおくやみ情報

船村徹 氏(ふなむらとおる)

作曲家[日本]

2017年 2月16日 死去心不全享年86歳

船村徹 - ウィキペディアより引用

船村 徹(ふなむら とおる、1932年6月12日 - )は、日本の作曲家・歌手。
日本音楽著作権協会(JASRAC)名誉会長、日本作曲家協会最高顧問。
横綱審議委員会委員「日本会議」会員でもある。
本名は福田博郎(ふくだ ひろお)。
戦後歌謡界を代表する作曲家の一人であり、手掛けた曲は5000曲以上にのぼる。
栃木県塩谷郡船生村(現塩谷町)出身。
父親は獣医だった。
栃木県立今市中学校(現・栃木県立今市高等学校)、東洋音楽学校(現・東京音楽大学)ピアノ科卒。
大学在学時はまだ駐留米軍が数多くいた時代であり、船村は米軍キャンプ専門のバンドでそのリーダーを務めたこともあったという。
大学在学時に、作詞家の高野公男と組み作曲の活動を開始した(高野は1956年に肺結核のため、26歳の若さで死去)。
ただ、高野とともに、生活は困窮を極め、バンド・リーダーのほか、流しの歌手なども経験する。
1953年、雑誌「平凡」コンクール曲第一席「たそがれのあの人」がレコード化され、作曲家としてデビュー。

ふなむら-とおる 1932-昭和後期-平成時代の作曲家。昭和7年6月12日生まれ。昭和28年雑誌「平凡」の作曲コンクール入選作「たそがれとあの人」でデビュー。30年の「別れの一本杉」以後「王将」「なみだ船」「矢切の渡し」など演歌のヒット曲を生む。日本作曲家協会理事長,日本音楽著作権協会会長などをつとめる。平成20年文化功労者。栃木県出身。東洋音楽学校(現東京音大)卒。本名は福田博郎。 (引用元 コトバンク)