芸能人・経営者のおくやみ情報

貴ノ花利彰 氏(たかのはなとしあき)

相撲力士[日本]

2005年 5月30日 死去口腔底がん享年56歳

『貴ノ花健士』より : 貴ノ花 利彰(たかのはな としあき、1950年2月19日 - 2005年5月30日)は、青森県弘前市出身の元大相撲力士。
現役時は二子山部屋所属であった。
最高位は東大関。
本名は花田 満(はなだ みつる)。
身長183cm、体重114kg、血液型はB型。
得意技は左四つ、寄り、吊り、上手投げ。
「土俵の鬼」と謳われた第45代元横綱・初代若乃花の弟という血筋のよさに加え、細身で均整のとれた体格と甘いマスクから、角界のプリンスと呼ばれた。
大相撲の歴史上、また日本のスポーツ史上屈指の人気を誇った。
位階は従五位旭日小綬章受章。
1993年1月場所後に次男の花田光司が四股名を「貴花田」から「貴ノ花」に変え、そして1994年11月以降の四股名であり後に一代年寄名跡となった「貴乃花」にして以降は、父の方は「初代貴ノ花」または「先代貴ノ花」と呼ばれている。
相撲界へ入門 北海道室蘭市で10人兄弟の末っ子として生まれる。
初代若乃花と若緑陸奥之丞(三段目)の弟。
大豪久照の義弟。
第66代横綱・3代目若乃花で現タレントの花田虎上と、「平成の大横綱」と呼ばれた第65代横綱(現・一代年寄)・貴乃花光司の父。

たかのはな-としあき 1950-2005昭和時代後期の力士。昭和25年2月19日生まれ。初代若乃花幹士の弟。若乃花勝,貴乃花光司の父。昭和40年兄の二子山部屋に入門。43年入幕。「角界のプリンス」といわれ,軽量ながら抜群の粘り腰で,47年大関となる。大関在位50場所で,56年引退。優勝2回。藤島部屋を創設。平成5年二子山部屋と合併し,年寄二子山を名のる。8年日本相撲協会理事となり,審判部長をへて16年事業部長。平成17年5月30日死去。55歳。青森県出身。本名は花田満。 (引用元 コトバンク)